世界を変える

地方を
元気にするために

H&G武石店
店長

落合 孝至(2012年入社)

CARRIERCARRIER

01仕事内容

信頼関係を大切に

部門担当をしていたときの店長が、私の目標とする人であり、私自身もそういう店長に入社3年以内になろうと決めていました。そのためには、商品・人・お金の全ての管理ができるように様々な経験を積まなければいけません。しかし私はそれ以上に、信頼を得ることが大切だと考えます。ですから、任された仕事だけでなく、それ以上のことをやろうと努力してきました。そうすることで、「あの人に任せれば大丈夫」という信頼や安心につなげてきました。そうした経験を踏まえ、現在も店長として、来店されるお客様や共に働くスタッフと信頼関係を築けるように、何事にも全力で取り組んでいます。

02キャリアアップにつながった
成果・取り組み・姿勢

自分の行動によって、
周囲の反応は変わる

部門担当者の時、お客様に洗濯機の排水用ホースの取り付け方について接客をしました。するとその後、「お前のせいで家が水浸しになった」とクレームの電話が・・・。急いでお客様の家にお伺いし確認したところ、私が説明したとおりには取り付けられていませんでした。正しく取り付け直して店に戻ったら、そのお客様から「勘違いで、申し訳なかった。きちんと対応してくれてありがとう」と電話があったそうです。そのおかげで、その後、何度も来店していただくことができました。この一件から、コミュニケーションの難しさを痛感したのと同時に、誠心誠意対応すればお客様にも信頼していただけることを実感し、今でも実践しています。

03現在挑戦していること

お客様の声に真摯に
耳を傾けること

目標だった店長となり、現在心掛けているのは、お客様の声に耳を傾けること。今まで4店舗で仕事をし、客層が違えば、お客様のニーズも異なることを肌で感じたからです。武石店は高齢者のお客様が多く、もっと地域に密着した店舗にするには、まずお客様の求めていることを知る必要があります。全従業員に聞き取りをしてもらい、私に報告するように教育しています。その声を反映した一例として、大きいサイズの薪ストーブ用の煙突を多く揃えたことで、前年の130%の売上につながりました。

今後の目標地域に密着した店を広げ、
地方を活性化

仕事は楽しくやってほしい。でもやるべきことをやらなければ、それは仕事ではありません。H&Gはコメリの中でも、一番地域に密着した店舗業態です。今以上に地域情報を収集し、お客様の声に耳を傾けて、より地域に密着した店舗づくりをスタッフ全員で楽しみにしながら進めていきたいです。そういった店舗を広げていくことで、地方の活性化に貢献できると信じています。

PAGETOP